So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

オランダ・アムステルダム Ⅹ 飾り窓 [アムステルダム・ Netherlands]

他の国では珍しい、その国独特のものは観光名物になりやすいですね
20190502_205538.jpg
DSC03325.JPG
アムステルダムでは「飾り窓」という通称を持つ合法的な売春地区が
ツアーなどの観光名所になっています
original-129014bc97184206e47d02cf05a5020cf77c25da.jpg
original-8db6aeff172abd178cb6eabe769e2903252c6030.jpg
以前、この辺りはとても治安が悪く、サラっと早足で通り抜ける地帯でした
DSC03324.JPG
original-d4ea37dd72bcf826214dc4089df0626e50b134a3.jpg
市内に3つある赤線地帯(Red light district)の中でも
最も古くて広く、アムステルダム中央駅から徒歩5分圏内にある「飾り窓
DSC03329.JPG
飾り窓が盛り上がるのはネオンライトが赤く光る、夕刻から深夜にかけての時間帯
運河に映る赤く飾られた窓が、何とも言えず妖艶で美しいです
DSC03330.JPG
DSC03331.JPG
その窓辺に立つ遊女たちは歩く人々の目を引きます
DSC03334.JPG
肌も露わなランジェリーを身にまとった遊女たち
DSC03335.JPG
オランダは売春が合法
つまり、遊女たちにも納税の義務や社会保障がある、法律で認められている職業なのです
DSC03337.JPG
とはいえ・・・何らかの事情を抱えているケースも多いため
飾り窓に立つ女性の写真撮影はNG
DSC03333.JPG
聞くに堪えない片言の日本語で客引きをするボーイには、もちろん社会保障はありません
20190502_210657.jpg
アムステルダムにはマリファナが購入できる「コーヒーショップ」と呼ばれるカフェも
DSC03307-40186.jpg
街中のお土産店もご覧の通り
DSC03338.JPG
「CANNABIS」とは大麻の事
DSC03339.JPG
あ~ぁ~~~良いの~?これで?と言った感じ^^
DSC03340.JPG
アムステルダム市議会は2020年から「飾り窓」への見学ツアーを禁止すると発表しました
「性産業従事者を観光の名所と見なすのは、これからの時代に相応しくない」
飾り窓で働く女性への心理面への悪影響の懸念、などがその理由の様ですが・・・
DSC03341.JPG
オランダは、売春やマリファナ、安楽死が合法で、同性愛もいち早く認めた国
03_Damrak night-thumb-700xauto-110121.jpg
世界トップクラスの「自由」を謳歌する国ですが
そこまでエキサイティングな国で良いの??と思ってしまいます
アムステルダム・・・ゴッホもアンネもマリファナも・・・何で~も揃っています
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

オランダ・アムステルダム Ⅸ オランダ名物「Haring ハーリング」 [アムステルダム・ Netherlands]

アムステルダムと言えば「トラム」と呼ばれるほど、町全体に路面電車が走っています
何処へ行くにも「トラム」または、この線路を跨いで歩くのがアムステルダム
DSC03243.JPG
フェルメールの「牛乳を注ぐ女」が所蔵された
世界屈指の美術館「オランダ国立美術館」が見えてきました
DSC03256.JPG
DSC03252.JPG
大好きな線画の王・レンブラントの絵も沢山所蔵されています
20190502_153955.jpg
ここを回っていたら~一日が暮れてしまうし、以前も来ているので今回はスルー
美術館建物下の道路を通って~「ハイネケン工場」
工場見学の為の長蛇の列を見て~あきらめて・・・歩きます
DSC03258.JPG
DSC03261.JPG
先ずは~あれを食べなきゃね^^
DSC03285.JPG
オランダの代表的な魚料理「Haring・ハーリング」 英語では「ヘリング」といいます
650x_27102431.jpg
北海で取れるニシンの一種
生ニシンをマリネしたもので、オランダ人の国民食です
お刺身&シメサバのような感じなので、日本人の口に実に良くあうんですよ
Ams-food_05-473x355.jpg
オランダ各地の魚屋やマーケットで必ず味わえる一品
ニシン漁が解禁される5月下旬から6月頃が一番旬な時期なので、楽しみにしていました♪
オランダのハーリングの歴史は実に古く、中世までさかのぼります
DSC03274.JPG
この生ニシンの保存法は14世紀末ごろにゼーランドの漁師によって開発され
他国への輸出アイテムとしてオランダの富の蓄積に一役買ったもの
「ハーリング」はオランダ経済の立役者でもあったわけですね
DSC03287.JPG
こんな由緒ある歴史を持つ「ハーリング」 オランダでは実にポピュラーな食べ物で
ハーリングの専門屋台もオランダ各地に良く見かけます
DSC03275.JPG
「Stubbe’s Haring」はsingel運河に架かる橋の上の人気店
DSC03271.JPG
地元・オランダ人はフォークを使わず~国旗付きのようじでニシンを刺し
タマネギと絡め、ペーパー皿からスルスル~っと口中へ流し込む「アムステルダム流」
私・・・この食べ方には自信がないので~^^
「ブローチェハーリング」とオーダー パンに挟まれたハーリングサンドイッチです
DSC03272.JPG
ブローチェハーリングには国旗楊枝は付きませんが~
「写真を撮るならこうした方が絶対にスペシャルよ!!」と、優しいお店のおばさん^^
後ろで構えているのが見えるでしょ?^^ ゴロゴロとしたピクルスも一緒にいただきました
DSC03273.JPG
北海の荒波に揉まれ、脂がた~~っぷり乗ったハーリングバーグ^^
口の中にジワ~っと「ニシン」の旨味と、マリネした酸味が広がり~たまらなく美味しいです!
ビタミンA1, B1, B2, B6, B12, C,D,Eなどを含み、軽く醗酵=健康にも良いそう
お刺身文化の日本人の方には是非とも試していただきたい「食」
スモークしたサーモンの照り焼きも買ってみました
DSC03276.JPG
はぁ~~これこそスモークサーモンの食し方 
サラ~っとタレを付けて焼かれたスモークサーモンにレモンを絞って・・・
もう、想像できますよね?^^ この二品の為にオランダへ来ても良い!という感じ
DSC03266.JPG
屋台のカウンターまでへ自転車で乗り付け購入し、自転車を漕ぎながらハーリングを頬張る・・・
正しく「ザ・オランダ」の風景です
nice!(83)  コメント(12) 
共通テーマ:blog

オランダ・アムステルダム Ⅷ アンネ・フランク [アムステルダム・ Netherlands]

20190502_172151.jpg
小学4年時 夏休みの「読書感想文」の為、母が私に与えてくれた「アンネの日記」
20190502_184657.jpg
私が「日記」を書く事が好きになったのは、まさにその時からです
20190502_131852.jpg
ちょうど~4年時担任の小坂先生が
子ども達とのキャッチボールに、全員「毎日の記録」を義務付けました
20190502_131823.jpg
小坂先生は自分の時間を削っても、いつも私達と向き合ってくれました
(2児の子を持つ母だったのに・・・今思えば大変だったと思います)
DSC03303.JPG
アンネは親にも世にも言えない小さな喜びや恋、日々の不安を
回転する隠れ家の本棚の裏部屋で、白いページに綴っていました
DSC03286.JPG
母から与えられた書は、幼心に胸に強く突き刺さりました
DSC03299.JPG
ショックでした こんな事が世界で起きていたなんて 
どうして罪もない人達・子どもがガス室へ? ヒットラーって何? ドイツってどんな国?
幼い頃、そんなことを考えながらこの本を読みました
DSC03298.JPG
ドイツによる占領時に、アムステルダムの隠れ家で暮らした日々について2年間の日記を綴り
悲惨な生活環境や恐怖の中でも、明るく希望を失わなかったアンネ
original-2be19a096aa0d8a7762223409c60543a1be30b41.jpg
アムステルダムへ行きたい!との思いが募ったのもこの時からで
ヨーロッパへ行くなら先ずは「オランダ」と思い、初ヨーロッパ渡航は「オランダ」でした
slick_Ams-food-1080x719.jpg
20190502_205551.jpg
ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランク
original-8990a066b6b4c3203031d556c5d55963fce11add.jpg
オランダでもユダヤ人連行が頻繁に行われるようになり
フランク一家はアンネの父・オットーが経営していた会社の建物の奥側部分3階・4階
そこの屋根裏部屋を改築し、身を隠すように暮らしました
20190502_190513.jpg
以前は生家を、日記と同じ・そのまま見る事が出来ました
数十年前ここへ訪れた私は、財団へいくらかの寄付をしアンネの暮らした家へ入場しました
今ではこの様に異常なまでの行列 そして~多額の入場料
1280px-AnneFrankMuseum.jpg
こちらが~本来のアンネ・フランク家の入口
ここからゲシュタポが入って来たかと思うと、ここに立つことすら恐怖を覚えます
20190502_190433.jpg
フランク家の4人以外にも、4人のユダヤ人が住んでいたこの隠れ家
135286-03.jpg
日記にも記された有名な回転する書棚です
135286-08.jpg
1944年8月4日にドイツのゲシュタポ(秘密国家警察)に発見・密告されてしまったフランク一家
135286-04.jpg
アンネたちの隠れ家生活に終止符が打たれました
20180226222444_IMG_2518-1024x683.jpg
ちなみにアンネの日記の記載は、その3日前の8月1日が最後です
135286-07.jpg
135286-12.jpg
数十年前、アンネの家を訪れた際 
回転する本棚を回し裏部屋へ入室した私は、涙が頬を伝いその場へ座り込んでしまいました
「アンネ基金」に賛同した私の僅かなオランダ$・ギルダーは
生家に隣接する記念館を併設するまでとなってしまったのかと思うと
嬉しいような、哀しいような・・・
あの頃のままの部屋・階段・暮らした様を時世に伝えるには、様々な手直しが必要だったのでしょう
135286-06.jpg
「アンネの日記」を読まれた方だけが分かるムント塔 ・ Munt Tower
DSC03298.JPG
彼女も聞いた「時を刻む鐘の音」は、時にアンネの心躍る(待ち合わせ)鐘の音だったようです

今でもアンネが聴いていた時と同じ「時」を刻む「鐘の音」です  
私には何度聴いても哀しい「音」に聴こえてしまいます
nice!(120)  コメント(13) 
共通テーマ:blog

稲庭うどん・佐藤養助商店 [gurmet 日]

食べログ・全国百名店にも選ばれている、稲庭うどんの「佐藤養助商店」
20190609_133248.jpg
創業150周年の歴史と伝統ある佐藤養助の稲庭うどん 秋田の老舗です
20190609_133310.jpg
歴史を受け継ぎ、守り、その美味しさに自信を持って次世代へ繋げてきた努力
その伝統こそが秋田の片田舎でも、この素晴らしい店構えとなっているわけです
20190609_133743.jpg
稲庭うどんの美味しさを、もっとたくさんのお客様にお伝えしたい
20190609_133736.jpg
20190609_133922.jpg
お店へ来られた方への思い遣りから、乾麺等の物販品も充実しています
20190609_133928.jpg
20190609_133936.jpg
20190609_134001.jpg
20190609_134005.jpg
私は、お中元でも良く利用しています
20190609_133728.jpg
採光差し込む店内は老若男女のお客様・本店でいただきたい!のグルメ客
いつも~お客様でいっぱいです
20190609_133755.jpg
二味せいろ二段 醤油・ごまみそ出汁で・・・1550円
20190609_134310.jpg
日本三大うどんの一つ・稲庭うどん
手延べ製法の干しうどんだけあって~喉越しツルツル~~~!
冷や麦より太く、うどんの様でうどんでない!この食感はたまりません
20190609_134340.jpg
醤油タレでも勿論美味しくツルツル~っと喉を通っていきます
20190609_134314.jpg
ごまみそタレでも実に美味し~~~♪ うどんであって、うどんではない
これは正しく麺の芸術品&麺の飲み物!
味比べ つけうどん・温麺・・・1140円
20190609_134549.jpg
やや黄色味かかった色をしている麺は暖かくしてもシコシコとしたコシ
20190609_134302.jpg
これがうどんなの!? と言った感じのなめらかさ
20190609_134418.jpg
ひねりながら練るという独特の製法とつなぎが~この様な麺を作り上げているんですね
滑らかな食感の「うどん」は、シコシコ噛んで美味しい讃岐うどんとは全く別物
さすが秋田 お漬物はいぶりがっこです
20190609_134305.jpg
昔から病人には「おうどん」と言われていますが
稲庭うどんは病人用食ではなく、れっきとした懐石に用いられるべく上品な「おうどん」です
喉ごしも滑らかな「稲庭干饂飩」
子から孫へと一子相伝、門外不出の技による完全なる手作業から生まれた逸品です

佐藤養助 総本店うどん / 湯沢市その他)

昼総合点★★★★ 4.0


nice!(95)  コメント(9) 
共通テーマ:blog

日本三大うどん・稲庭うどん [Japan]

香川県の「讃岐うどん」 秋田県の「稲庭うどん」 長崎県の「五島うどん」
この「うどん」が日本の三大うどんと呼ばれています
稲庭うどん」 その発祥とされているのが秋田県湯沢市稲庭町
IMG_0264.JPG
「稲庭城」 中世の秋田南部を支配した小野寺氏の居城
IMG_0266.JPG
稲庭うどんは知っていましたが~「稲庭城」なるものが在った事は全く知りませんでした^^
IMG_0262.JPG
「上ってみる?」「ん?うどんの方がいい^^」
IMG_0261.JPG
と、言う事で~「稲庭城」のレポはありません^^
IMG_0260.JPG
細く、独特のコシとツルツルとしたのどごしが特徴の「稲庭うどん」
秋田県南部の手延べ製法による日本三大うどんのひとつに数えられる「干しうどん」
本家本元の「佐藤養助製麺所」
IMG_0259.JPG
20190609_133301.jpg
「ひやむぎ」より太く、やや黄色味かかった色をしている稲庭うどん
製法としては、うどんというよりそうめんに近いです
20190609_135436.jpg
打ち粉としてデンプンを使う点・平べったい形状が特徴
20190609_135501.jpg
20190609_135513.jpg
ひねりながら練るという独特の製法
20190609_135543-ea9e7.jpg
その製法によって、麺は気泡により中空になっています
そのため異常なまでの滑らかな食感が得られるのが特徴
20190609_135556-00913.jpg
一般的に流通しているのは乾麺ですが
地元および県外のアンテナショップ等では半生麺も入手できます
20190609_135645.jpg
20190609_135650.jpg
20190609_135703.jpg
「稲庭うどん」は、雪深い北国の保存食として江戸時代に作られたのが始まりとされています
20190609_135746.jpg
商品として稲庭うどんが作られはじめたのは、寛文5年(1665年)にまで遡ります
20190609_135753.jpg
20190609_135812.jpg
その上品な味が認められ、当時の秋田藩主・佐竹公に納められるようになった事から
高級品として知られるようになってきました
明治時代になっても、中々一般市民の手には入らないほどだったそうです
20190609_135822.jpg
稲庭うどんと言えばここ!という、老舗中の老舗
「稲庭うどん」の歴史を語るべく「佐藤吉左エ門」が創業したお店「佐藤養助商店」
創業150年を超える歴史を誇る、稲庭うどんの名店です
20190609_133248.jpg
総本店となる店舗は、ここ秋田の稲庭町にあります
秋田県内に多数店舗、仙台、今や東京にも数店舗お店を展開しています
何もかも手作りで大量生産出来ない「稲庭うどん」は貴重です
さ、本場の味を楽しみましょう^^
nice!(80)  コメント(10) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -