So-net無料ブログ作成

小野小町の故郷 [Japan]

秋田新幹線「スーパーこまち」  お米のブランド「あきたこまち
秋田の象徴として「こまち」が使われる訳・・・ご存知ですか?
IMG_0269.JPG
平安時代の女流歌人・小野小町は1200年程昔秋田県湯沢市に生まれました
IMG_0275.JPG
百人一首でも有名な小野小町はとても美しい娘で、13歳にして都へのぼり
都の風習や教養を身につけ、その後20年宮中に仕えたそうです
IMG_0270.JPG
容姿の美しさと優れた才能から「多くの女宮中並ぶものなし」と言われていましたが
色々人には言えない・・・辛い事もあったのでしょうね  
故郷恋しさに、36歳の時に小野の里(湯沢市小野)に帰郷
IMG_0273.JPG
数々の逸話や伝説を残し、92歳で世を去ったと言われています
その時代にしてはかなりの長生きですよね 
やっぱり~人間は己の思うように、ストレスなく生きた方が長生きできるのでしょうね
IMG_0258.JPG
秋田県湯沢市では毎年6月の第2日曜日とその前日の2日間
平安時代に活躍した小野小町を偲んで「小町まつり」が開催されています
01.jpg
「まつり」は祝詞奉上に始まり、巫女舞で神前を清め
市内から選び抜かれた七人の小町娘が登場し、小野小町が作った和歌を朗詠し奉納します
20190609_143830.jpg
市女笠(いちめがさ)の衣装に身を包んだ小町娘がそろりそろり~と通る姿に
平安時代の雅な世界を体感できます

写真撮影会も行われていました  バズーカ砲を持ったおじさん軍団
「6人と一緒に並んでくださいよ~!」等と煽てられ~木に登ったサルのviviちゃん
20190609_145318.jpg
絶世の美女としての多くの逸話を持ち
その歌が、古今和歌集や小倉百人一首に撰ばれ活躍した女流歌人・小野小町
IMG_0274.JPG
華やかであり、哀しい小町の生涯を終えた地も~ここ秋田県湯沢市です
IMG_0276.JPG
一面の田園の広がる秋田県桐木田には、小野小町の産湯に使ったとされる井戸が
「桐木田の井戸」として今でも残されています
IMG_0279.JPG
まつりが行われる「小町の郷公園」に造られたレプリカの「桐木田の井戸」
IMG_0280.JPG
小町まつりの開催日は、古くから芍薬の花香る六月第二日曜日
IMG_0282.JPG
湯沢市には「深草少将(ふかくさのしょうしょう)の百夜通い」という伝承が残されています
IMG_0281.JPG
小町に想いを寄せていた深草少将は都を去った小野小町を追いますが
「百夜連続で私の元に芍薬を1株ずつ植えて、百株になったら想いに応える」
という条件を出されました
IMG_0278.JPG
こうして深草少将の百夜通いがはじまったのですが・・・
この伝承にちなみ「小町まつり」は芍薬の咲く6月中旬に毎年行われています
IMG_0256.JPG
この地に咲く芍薬の美しさと小町伝説は~後ほど・・・
IMG_0286.JPG
ウソの様なタイミングで、小町まつりから戻った家に届けられた「小野小町」の扇子
IMG_0287.JPG
以心伝心とはこれ如何に・・・ブログで仲良しのまりっぺちゃんからの京土産でした
20190609_181303.jpg
手すきの和紙
IMG_0285.JPG
和紙の紙皿
IMG_0283.JPG
IMG_0284.JPG
小野小町を偲びながら家路に就くと~小野小町が家に着いていた!と言う驚きのプレゼント
まりっぺちゃ~ん!想いは重なりいつも心に届いてま~す 有り難う~!

今日から数日、虫博士の所(東京)にいます コメントのお返し遅れるかもしれませんが・・・宜しくお願いしま~す 
nice!(98)  コメント(12) 

nice! 98

コメント 12

ma2ma2

これから仙台に向けて出かけて来ます(^^)
by ma2ma2 (2019-06-20 06:47) 

momo

小野小町がそんなに長生きだったとは!私もストレスフリーで生きたいなぁ〜^ ^
by momo (2019-06-20 06:49) 

横 濱男

小野小町の7人衆ですね。
どうして7人なんだろう。。
七人の侍、荒野の七人のノリ??かな。
気にせずノーテンキに生きていこうかな。。
by 横 濱男 (2019-06-20 07:36) 

tommy88

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
     ものや思ふと 人の問ふまで
小野ちゃんの作ではないけれど、私、けっこうこの歌すきです。
好きになってみんなに教えたいボクの気持ち、という男の子ごころ。
まあ遠い昔の感覚ですけれど。

花の色は うつりにけりな いたづらに
   わが身世にふる ながめせしまに
小野ちゃんの作だと思います。技巧的にも旨いなぁ達者やなぁと思いますが、まあ、滅びの美学、無常観として私たち武士の中にも息づいております。なんちゃってね。でも、美人薄命の法則に反しておりますが。


by tommy88 (2019-06-20 07:48) 

とまと

勉強になりました^^
ありがとうございます。
湯沢には行ったことがありません。

by とまと (2019-06-20 08:19) 

あおたけ

「こまち」の由来が小野小町なのは知っていましたが、
その出身は湯沢市なのですね☆
ちなみに秋田新幹線は新旧の車両が混在したときは、
新しいほうを「スーパーこまち」って呼んでいましたが、
今はすべて新しいのになったので、
「こまち」で統一されています(^^)
市女笠の衣装はやっぱり、
お米のあきたこまちのパッケージを連想します。
そろりそろりと歩く姿に、
秋田美人らしい慎ましさが感じられますね♪

by あおたけ (2019-06-20 12:05) 

ちょろっとぶぅ

子供の頃、大名行列に参加したんですけど
友達は小町のような可愛い衣装だったんだけど、ぶぅたんは前髪センターわけのお着物で泣き泣き参加したこと思い出しちゃいました(T^T)

>スイカパン
催事に出展されてたのは、仙台のお店でしたぁ~
本家のスイカパン、食べてみたかったなぁ。。。
by ちょろっとぶぅ (2019-06-20 12:10) 

raomelon

秋田の象徴「こまち」の由来
小野小町は湯沢市に生まれたのですね^^
平安時代にタイムスリップしたかのような「小町まつり」
雅な祭り、素敵ですね^^

虫博士のいる東京へ
楽しんで来てくださいね♪
by raomelon (2019-06-20 12:55) 

まりっぺ

うわぁ~すごいタイミングで届いたんや~
京都なので、本来なら舞子さんとかの図柄を選ぶべきなのに
何故か?このお扇子を選んだのよ(^^♪
ずら~~とたくさん並んでいたお扇子の中からの小野小町♪
以心伝心だったのね~~♪
by まりっぺ (2019-06-20 13:01) 

とし@黒猫

十二単の団扇、味わいがあって良いですねー
by とし@黒猫 (2019-06-20 16:37) 

ヨッシーパパ

なるほど!
そんなに昔から、秋田美人は存在していたのですね。
by ヨッシーパパ (2019-06-20 18:45) 

koh925

京都山科の随心院は、小野小町のゆかりの寺ですね
梅を見に行ったことがあります、近くの勧修寺が好きでよく行きます
大阪でオフ会、翌日は京都へ、、これもいいですね
by koh925 (2019-06-20 19:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。